勉強は一生続いていくもの(2018(H30)年3月号)

3月、卒業シーズンです。受験生はようやく受験勉強から解放され、肩の荷が下りたことでしょう。しかし、受験が終わったのであって、勉強は終わっていません。勉強は一生を通して行っていくものです。

学生を卒業してから勉強は自分の興味のあることを学ぶことになります。学校での勉強は、その時に備えて学び方や勉強に対する姿勢、自分で学ぼうとする時の基礎知識を身につけるためのものです。

新高校生、新大学生の皆さん。「周りや一般常識に合わせて、当たり前に進学した」という人もいるかもしれません。ですが、受験したということは、これから勉強するという意思を示したことになります。

つまり、勉強が終わったと遊びまくることは、この意思表示に対して矛盾している行動です。社会に出て「いい勉強」ができるように、勉強が本分ということをわきまえ、遊びもほどほどに、今は次の進路に向け準備を始めましょう。
日々の行動は、自分磨きになっているのかということを常に意識して大切な時間を過ごしてください。